労災疾病等医学研究・開発

  当機構は、前身の労働者健康福祉機構より、産業活動に伴い、依然として多くの労働災害が発生している疾病、又は産業構造・職場環境等の変化に伴い、勤労者の新たな健康問題として社会問題化している疾病について、平成25年度まで13分野の課題に対してモデル医療やモデル予防法の研究・開発、普及に取り組んできました。
  平成26年度からは、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組むために、3領域に集約化して新たなテーマを設定し、研究を行っています。

  ◎労災疾病等医学研究の詳細はこちらから⇒


● 平成26年度から取り組んでいる3領域9テーマの研究は以下のとおりです。

労災疾病等の原因と診断・治療
 研究テーマ名  研究・開発、普及テーマ
 1  腰痛
社会福祉施設の介護職職員における腰痛の実態調査、画像診断と予防対策
①介護職職員における腰痛の頻度、特徴に関する調査研究
②介護職職員の腰椎レントゲン、MRIを用いた画像検査と健常者データとの比較・研究
③介護職職員における腰痛の予防対策の確立
 2  運動器外傷機能再建
運動器外傷診療の集約化による治療成績向上と早期社会復帰を目指した探索的研究
労働者の健康支援
 研究テーマ名  研究・開発、普及テーマ
 3  生活習慣病
①日本人の勤労者ならびに一般住民における新たな心血管リスクの解明と予防に関する亘理町コホート研究
②中国都市部で働く日本人勤労者のストレスと健康障害に関する調査研究
③職場高血圧に関する調査研究
④精神的ストレスの心血管病発症機転に関する調査研究
⑤動脈硬化危険因子の3次元的解析に関する研究
4
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群の診断と治療に関する研究
5
作業関連疾患
手根管症候群患者と作業内容(種類や期間など)との関連に関する研究
6
就労支援と性差
①内分泌環境から見た女性労働者の健康管理研究
②夜間労働が女性の健康に及ぼす影響の研究
③副腎皮質ホルモンを指標とした女性の健康管理
④勤務条件・職種が女性の健康に及ぼす影響についての研究
労災保険給付に係る決定等の迅速・適正化
 研究テーマ名  研究・開発・普及テーマ
 7  外傷性高次脳機能障害
従来の画像検査では検出できない高次脳機能障害の病態解明とその労災認定基準に関する研究
 8  じん肺 ①本邦におけるじん肺における膠原病、腎症特にANCA関連腎疾患の合併頻度に関する調査研究
②じん肺ハンドブックの作成に関する研究・開発
③じん肺続発性気管支炎の診断、治療法に関する研究
 9  アスベスト ①石綿肺癌診断における石綿繊維と種類に関する研究
②石綿肺の適正な診断に関する研究
③石綿健康管理手帳データベースにおける肺癌、中皮腫等の発生頻度に関する研究
④中皮腫の的確な診断方法に関する研究―鑑別診断方法と症例収集―


● 平成25年度まで取り組んできた13分野は以下のとおりです。

分野名
研究・開発、普及テーマ
 1  四肢切断、骨折等の職業性外傷 職業性の四肢の挫滅損傷及び外傷性切断に対する早期治療等に関する地域医療連携体制の構築に係る研究・開発、普及
2
せき髄損傷 せき髄損傷の予防法と早期治療体系の確立に係る研究・開発、普及
3
騒音、電磁波等による感覚器障害 職場環境等による急性視力障害の予防、治療法に係る研究・開発、普及
4
高・低音、気圧、放射線等の物理的因子による疾患 職業性皮膚疾患の診断、治療、予防のためのデータベース構築に係る研究・開発、普及
5
身体への過度の負担による筋・骨格系疾患 職場における腰痛の発症要因の解明に係る研究・開発、普及
6
振動障害 振動障害の末梢循環障害、末梢神経障害等の客観的評価法に係る研究・開発、普及
7
化学物質の曝露による産業中毒 産業中毒の迅速かつ効率的な診断法に係る研究・開発、普及
8
粉じん等による呼吸器疾患 ・じん肺に合併した肺がんのモデル診断法に係る研究・開発、普及
・じん肺合併症の客観的評価法に係る研究・開発、普及
・新たな粉じんにより発症するじん肺の診断・治療法に係る研究・開発、普及
9
業務の過重負荷による脳・心臓疾患(過労死) 業務の過重負荷による脳・心臓疾患の発症要因に係る研究・開発、普及
10
勤労者のメンタルヘルス ・職場におけるメンタルヘルス不調予防に係る研究・開発、普及
・うつ病の客観的診断法に係る研究・開発、普及
 11  働く女性のためのメディカル・ケア ・働く女性の月経関連障害及び更年期障害のQWL(Quality of Working Life)に及ぼす影響に係る研究・開発、普及
・女性の深夜・長時間労働が内分泌環境に及ぼす影響に係る研究・開発、普及
・働く女性のストレスと疾病発症・増悪の関連性に係る研究・開発、普及
・働く女性における介護ストレスに係る研究・開発、普及
12
職場復帰のためのリハビリテーション及び勤労者の罹患率の高い疾病の治療と職業の両立支援 ・早期職場復帰を可能とする各種疾患に対するリハビリテーションのモデル医療に係る研究・開発、普及
・疾病の治療と職業生活の両立を図るモデル医療及び労働者個人の特性と就労形態や職場環境等との関係が疾病の発症や治療、予防に及ぼす影響等に係る分野横断的研究・開発、普及
13
アスベスト関連疾患 中皮腫等のアスベスト関連疾患の救命率の向上を目指した早期診断・治療法及び予防法に係る研究・開発、普及

医学研究評価部会 / 倫理審査委員会
 
労災疾病等13分野研究普及サイト

このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)