医療リハビリテーションセンターの活動

吉備高原医療リハビリテーションセンター

  当センターでは、被災労働者などに高度な医療水準の治療及び医学的リハビリテーションをおこない、さらに隣接する国立吉備高原職業リハビリテーションセンター(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営)との連携のもとに、早期社会復帰を図っています。
   ①リハビリテーションが必要となったもとの病気やけが(機能障害のレベル)、 ②現在までの経過と現在の状況(能力低下のレベル)、 ③これまでの生活様式・職業・家庭の状況(社会的不利のレベル)などを総合的に判断してゴールを決め、治療のプログラムを作って、リハビリテーション医療を進めていきます。リハビリテーション科の医師を中心として、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、医療ソーシャルワーカー(MSW)のリハビリテーションスタッフが対応します。

早期職場・自宅復帰へのアプローチ

 吉備高原医療リハビリテーションセンターでは、独自のリハビリテーション医療による早期の職場・自宅復帰へのアプローチと同時に、職業リハセンターと連携し職業リハビリテーションを平行して実施することで早期の職場・自宅復帰を目指すという、わが国で初めての試みも行ってきました。早期の職場・自宅復帰への道筋は以下のようなものがあります。

  1. 職場復帰をゴールとしたリハ治療を終了して職場復帰する。
  2. リハ治療終了後に職業リハセンターに入所し普通課程を修了して職場復帰する。
  3. リハ治療中に職業リハセンターで職業講習を受け、その結果普通課程が適切と評価され、リハ治療終了後に職業リハセンターに入所、普通課程を修了して職場復帰する。
  4. リハ治療中に職業リハセンターで職業講習を受け、リハ治療終了後に社会復帰、その後職場復帰する。
  5. リハ治療中に職業リハセンターで短期課程を受け、リハ治療終了後にもとの職場に復帰する。
  6. 日常生活に介助が必要な方が当センターで在宅就労可能な状態をゴールにリハ治療を行い、在宅就労環境への復帰を目指す。

このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)