山陰労災病院

 地域を支える救急医療
 山陰労災病院は、救急搬送患者2,733件/年、夜間休日診療8,190件/年(2018年実績)の受入れを行い、二次救急医療に取り組んでいます。平日時間内の救急搬送患者は各診療科で対応していましたが、2018年からは、より迅速な対応を行うために救急外来に看護師を2名配置し、24時間体制としています。
 また、鳥取県西部消防局米子消防署の協力を得て救急車同乗実習を行い、医療機関到着前の状況や救命活動を知ることができました。この学びから、チームワークの大切さを再認識し、救急隊と病院の相互理解を深めることができ、救急隊との連携強化に繋がったと思います。さらに、救急搬送患者の症例検討会を医師・救急外来看護師・病棟看護師・救急隊員で定期的に行うなど、地域の救急医療における連携とレベル向上を図っています。
 今後も、日々の救急看護について自己研鑽をしながら、地域の皆様に信頼される救急医療・看護に取り組んでいきたいと思います。
 
 地域で患者を支え寄り添う「心不全医療チーム」
 県の保健医療計画の課題を受け、心不全患者の退院後の在宅生活での再発予防、生活の質向上に向けて取り組んでいます。患者を住み慣れた地域へ安心して帰すために、そして生活を地域につなぐために、大学病院と協同し圏域内の病院、医院・介護施設において、2019年7月より心不全地域連携パスの運用を開始しました。
看護は、標準化された疾患管理プログラムのもと、患者の生活を見据えた患者教育を外来、病棟、地域の看護師(開業医で働く看護師、訪問看護師、施設看護師等)でつないでいくために地域で研修会を開催し情報共有を図っています。看護師による継続的なフォローアップと患者・家族、介護者によるセルフモニタリング、積極的な社会資源の活用し、システム化していくために心不全看護外来も始めます。
 多職種で共同しつつ地域の看護師が連携できるネットワークを大切に、地域で患者を支え寄り添うチーム医療を提供していきたいと思います。

 
 山陰労災病院の看護部紹介はこちら

PAGE TOP


法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)