遺伝子改変動物を用いた発がん性試験の豆知識

長期発がん性試験は、結果が得られるまでに長期間と高額な費用を必要とします。そのため短い期間で実施可能な遺伝子改変動物を用いた発がん性試験が認知されつつあります。 

 rasH2マウスやp53KOマウスなどの遺伝子組換え動物を用いて、短期間(26週間)で発がん性を調べる試験です。

化学物質の吸入曝露とこれらの試験法を組みあわせることが可能です。

このページの先頭へ▲

日本バイオアッセイ研究センター

法人番号7020005008492
<所在地> 〒257-0015 神奈川県秦野市平沢2445
TEL 0463-82-3911(代表)、 FAX 0463-82-3860