さんぽセンター Webひろば

独立行政法人 労働者健康安全機構(JOHAS)
働く人の「こころ」と「からだ」の健康に関するご相談は「さんぽセンター」へ。 全国47か所 社員の健康管理に携わる方ならどなたでも 無料 産業保健総合支援センター さんぽセンター 働く人の「こころ」と「からだ」の健康に関するご相談は「さんぽセンター」へ。 全国47か所 社員の健康管理に携わる方ならどなたでも 無料 産業保健総合支援センター さんぽセンター

「さんぽセンター」「地さんぽ」が提供する
サービスについて、俳優の谷原章介さんが
分かりやすく動画で解説します。

さんぽセンターについて

「産業保健総合支援センター」(通称「さんぽセンター」)は、厚生労働省が所管する「独立行政法人 労働者健康安全機構」の運営する公的な機関です。
さんぽセンターでは、事業場の産業保健スタッフ(産業医、保健師、衛生管理者、事業主、人事労務担当者等)を対象に産業保健に関する研修や相談等を無料で行なっています。

また、労働者数50人未満の事業場に対する産業保健サービス(法令で定められた保健指導等)は、地域産業保健センター(通称「地さんぽ」)が無料で行なっています。

「さんぽセンター」「地さんぽ」が提供するサービスについて、俳優の谷原章介さんがわかりやすく解説します。ぜひご覧ください。

リーフレット
で見る

産業保健とは 産業保健とは、ひとことでいうと、企業等が職場において、「健康で安心して働ける職場づくり」を行なう活動のこと。企業では事業活動を通じて多くの付加価値を生み出していますが、その付加価値の源泉は「人材」であり、「健康で安心して働ける職場づくり」、即ち、「産業保健」が企業発展の基盤となります。産業保健とは 産業保健とは、ひとことでいうと、企業等が職場において、「健康で安心して働ける職場づくり」を行なう活動のこと。企業では事業活動を通じて多くの付加価値を生み出していますが、その付加価値の源泉は「人材」であり、「健康で安心して働ける職場づくり」、即ち、「産業保健」が企業発展の基盤となります。

産業保健お役立ち資料

全国のさんぽセンターの取り組み

Q&A

こんな時は、
さんぽセンター、地さんぽにご相談ください!

  • Q.産業医の知識を増やすために研修を受けたい。Q.産業医の知識を増やすために研修を受けたい。

    A.さんぽセンターでは、様々なテーマの研修を実施しています。ぜひ参加してみてください。A.さんぽセンターでは、様々なテーマの研修を実施しています。ぜひ参加してみてください。

  • Q.社員の健康管理のことで相談したいけど、誰に聞いたらいいんだろう。Q.社員の健康管理のことで相談したいけど、誰に聞いたらいいんだろう。

    A.さんぽセンター、地さんぽでは、各分野の専門スタッフが産業保健の相談に応じます。A.さんぽセンター、地さんぽでは、各分野の専門スタッフが産業保健の相談に応じます。

  • Q.健康診断で結果がよくない従業員がいる。どのように対応したらいい?Q.健康診断で結果がよくない従業員がいる。どのように対応したらいい?

    A.地さんぽでは、健康診断結果に対する医師の意見聴取を行なっています。また、従業員への健康相談も行なっています。A.地さんぽでは、健康診断結果に対する医師の意見聴取を行なっています。また、従業員への健康相談も行なっています。

  • Q.従業員のメンタルヘルス対策への意識を高めたい。Q.従業員のメンタルヘルス対策への意識を高めたい。

    A.さんぽセンターの専門スタッフが事業場へ訪問して、事業場に合ったメンタルヘルス対策を一緒に考えます。管理監督者、若年労働者向けの教育も行なっています。A.さんぽセンターの専門スタッフが事業場へ訪問して、事業場に合ったメンタルヘルス対策を一緒に考えます。管理監督者、若年労働者向けの教育も行なっています。

  • Q.治療を続けながら働いている従業員のために、会社としてできることはないかな?Q.治療を続けながら働いている従業員のために、会社としてできることはないかな?

    A.さんぽセンターの専門スタッフが、治療と仕事の両立支援制度導入のお手伝いをします。A.さんぽセンターの専門スタッフが、治療と仕事の両立支援制度導入のお手伝いをします。

  • Q.長時間労働が続いている社員の健康が心配。Q.長時間労働が続いている社員の健康が心配。

    A.地さんぽでは、長時間労働者への面接指導を行なっています。A.地さんぽでは、長時間労働者への面接指導を行なっています。