勤労者医療フォーラム「がんの治療と就労両立支援」

   我が国においては、国民の2人に1人が生涯の内にがんに罹患すると言われていますが、がんの早期発見や治療法の進歩も相まって5年相対生存率が改善傾向にある一方で、平成16年の厚生労働省研究班報告によると、がんに罹患した勤労者の約3割が離職している状況でもあります。
   このような背景を踏まえて、「がん対策推進基本計画」(平成24年6月閣議決定)では、がんになっても安心して働き暮らせる社会の構築が目標とされ、「がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会報告書」(平成26年8月厚生労働省健康局発表)では、行政・医療機関等の関係者の協力の下、がん患者・経験者に対する就労支援の推進が求められるなど、社会的な関心・期待がますます高まっているところです。
   当機構におきましても、労災疾病等医学研究の一環として、平成21年度から5年間にわたり、がん罹患勤労者の治療と就労の両立に関する研究※を行ってきており、その研究成果に基づいて、平成26年度より、労災病院のがん患者を対象とした治療と就労の両立支援の実践により事例を収集し、収集事例に基づいた医療機関向け支援マニュアルの作成・普及を行う「治療就労両立支援モデル事業」を開始いたしました。
   そして、当機構をはじめとする各医療機関が行う両立支援の取組状況を踏まえて、今後の両立支援のあり方の検討を行うことを目的に、「勤労者医療フォーラム」を開催し、がん治療に携わる医療関係者やがん患者・経験者ご本人又はそのご家族、職場関係者など多くの方々にご参加いただいております。

○開催実績
第1回
テーマ『がん 仕事 支えあい』(平成22年3月18日開催)

プログラム PDFファイル(1.5MB)
   
第2回
テーマ『がん治療と仕事の両立支援に向けて』(平成22年9月12日開催)

プログラム PDFファイル(2.2MB)
   
第3回
テーマ『がん患者の治療と職業の両立支援』(平成23年11月12日開催)

プログラム PDFファイル(2.4MB)
   
第4回
テーマ『医療機関からの情報発信・コーディネートを考える』(平成24年12月22日開催)

プログラム PDFファイル(623KB)
   
第5回 テーマ『仕事とがんの治療』(平成25年11月2日開催)

プログラム PDFファイル(710KB)
   
第6回
テーマ『両立支援の今、そして今後』(平成27年2月7日開催)

プログラムPDFファイル(2.6MB)
   
第7回
テーマ『がんになっても仕事を続けるために』(平成28年2月21日開催)

プログラムPDFファイル(3.4MB)
   
第8回 テーマ『がんになっても仕事を続けるための仕組み』(平成29年2月10日開催予定)
  プログラムPDFファイル(752KB)

※労災疾病等医学研究「がん罹患勤労者の治療と就労の両立に関する研究」の成果はこちらからご覧いただけます。



ファイルはPDF形式になっています。閲覧ソフトをお持ちでない方はこちらからダウンロードして下さい。(無料)


このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)