産業中毒センター

◎設置病院

産業中毒センター(平成10年5月1日設置)

◎設置趣旨
 産業中毒医療と分析・研究・情報部門を統合し、一貫した予防、原因物質の分析、治療、経過追跡をより円滑かつ効率的に実施する。
◎対象疾患等

  1 化学薬品、有機溶剤、重金属、ガス等の工業用品による中毒

  2 殺虫剤、除草剤等の農業用品による中毒

◎業務内容
  1 中毒臨床部
産業化学物質(新規化学物質を含む重金属、有機溶剤、ガス、農薬等)による急性及び慢性中毒に対する診断、治療、研究
  2 研究・分析部
(1)  中毒物質の体内動態、中毒物質の体内からの除去法及び治療薬に関する研究・開発
(2)  無機ガス、有機溶剤、重金属類、化学薬品等の中毒起因物質の分析
  3 中毒情報部
(1)  全国の労災病院、健診センター、産保センターはもとより、外部の中毒情報センター、救急センター、検査センター等とのネットワークの形成
(2)  院内外における中毒情報のデータベース化による情報提供
(3)  事業団内外の中毒専門家に対する研修
(4)  産業化学物質を取り扱う企業の健康管理担当者、作業主任者を対象とした講習


このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)