総合せき損センター

  総合せき損センターは、脊髄損傷の急性期からリハビリ、社会復帰にいたる一貫した治療を行う、日本で有数の専門施設です。

   福岡県に所在する「総合せき損センター」では、早期治療、早期リハビリテーションを基本とし、入院初日から手術後も翌日から積極的にリハビリテーションを行っています。また、診療圏が西日本一円と広いため緊急患者搬送の為のヘリポートも併設されています。
   昭和54年の開院以来、受傷後14日以内の急患脊髄入院患者数は2,700名を超え、生活に必要な福祉用具の開発や住環境整備支援を行う医用工学研究室も含めた多職種のチーム医療により早期の社会復帰支援を目指し、現在では社会復帰率80%を超えています。
   また、脊髄損傷以外の脊椎脊髄疾患(変性疾患、脊柱変形、脊椎脊髄腫瘍等)の手術も年間800例以上行うなど、広く脊椎脊髄外科の専門的医療機関でもあります。

 また、これまで脊髄疾患患者の治癒と早期の社会復帰を図ることを大きな目的として、炭鉱災害等の脊髄損傷、頚椎損傷、外傷性骨折等の整形外科を主として運営していた北海道中央労災病院せき損センターが、平成28年10月より「北海道せき損センター」に改組されました。
 これまでも平成10年に勤労者腰痛・せき損センター及びヘリポートを設置し、救命・救急治療から慢性期のリハビリテーション・社会復帰に至る高度かつ包括的な脊髄脊椎疾患治療施設として高い評価をいただいておりましたが、せき損医療における国内有数の専門医療機関として、今後も専門性の充実を図ってまいります。



 施設名 住所  電話 
総合せき損センター 〒820-8508
福岡県飯塚市伊岐須550-4
0948-24-7500
北海道せき損センター 〒072-0015
北海道美唄市東4条南1-3-1
0126-63-2151

このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)