医療安全への取組

   労災病院では、「医療安全への取組に係る指針」(平成12年度策定)に基づき、 医療従事者一人ひとりの自覚や注意に訴えるだけでなく、病院における医療提供システムの課題として、 組織的・継続的に医療安全への取組を進めています。
   医療上の事故等の発生に繋がる要因を取り除き、適切かつ安全な医療を提供する体制を整備することが、 医療の質の向上に繋がると考えています。
【資料】「医療安全への取組に係る指針」

医療安全対策に係る規程・マニュアルの作成

・医療安全対策の基本的考え方や取組内容を明確にするための規程、医療安全の具体的な対応策や手順を明確にするためのマニュアルを作成しています。


医療安全のための体制

・医療安全対策総括責任者が、医療安全対策の実践的活動を総括しています。
・医療安全管理者が、病院全体の医療安全対策の推進業務を組織横断的に行っています。
・医療安全対策責任者が、各職場の医療安全対策を推進しています。
・各部門により構成される委員会では、医療上の事故等に関する情報の収集・分析・管理・提供、対応策の検討等を総括しています。
・安全管理部門では、委員会で決定した方針に基づき、安全管理に関する業務を行っています。
・院内感染対策委員会、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者と連携し、医療安全対策を推進しています。


インシデントに関する報告文化醸成と、積極的活用の推進

・インシデントに関する報告文化醸成に努めています。インシデント報告を収集・分析し、積極的に活用することで、安全で質の高い医療を推進しています。
【資料】令和元年度 労災病院におけるインシデント報告の状況 


医療安全のための職員研修の実施

・全職員を対象とした研修を年2回以上実施しています。
・新規採用職員には、採用時の研修で医療安全対策について説明しています。
・機構本部では、医療安全対策者会議を年1回開催して情報交換等を行う他、各集合研修で医療安全対策について説明しています。


患者相談窓口の設置

・院内に、患者さん等からの苦情、相談に応じられる体制を確保するために患者相談窓口を常設しています。


医療安全推進週間への参加

・平成13年に開始された「患者の安全を守るための共同行動(PSA)」の一環として、医療機関や医療関係団体等における取り組みの推進を図り、また、これらの取り組みについて国民の理解や知識を深めていただくことを目的として、11月25日(いい医療に向かってGO)を含む1週間を「医療安全推進週間」と定めています。
 全国の労災病院でも、医療安全向上のための取り組みを行っています。
令和2年度「医療安全推進週間」実施状況報告
令和2年度「医療安全推進週間」の取組紹介


「医療安全チェックシート」を活用した自己点検

・労災病院共通の「医療安全チェックシート」に基づき、各病院で医療安全に関する取組を自己点検しています。
【資料】「医療安全チェックシート」を活用した自己点検
     「医療安全チェックシート」(平成26年7月改訂版)
     「医療安全チェックシート」による達成率の推移
     「医療安全チェックシート解説書」(平成30年10月改訂版)


労災病院間医療安全相互チェック制度による相互点検

・労災病院を11グループに分け、グループ内の病院間で医療安全に関する取組を相互点検しています。
【資料】労災病院間医療安全相互チェック制度による相互点検
     労災病院間医療安全相互チェック実施結果(令和元年度)




ファイルはPDF形式になっています。閲覧ソフトをお持ちでない方はこちらからダウンロードして下さい。(無料)

PAGE TOP


法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)