ロコモーショントレーニング講習会の実施

 ロコモーショントレーニング(以下「ロコトレ」)とは、加齢に伴うロコモーティブシンドローム(運動器症候群)予防のために開発されたトレーニングのことですが、東日本大震災により避難生活を余儀なくされている高齢者の方々等の廃用症候群を予防する上でも有効であると考えられることから、避難所に派遣される労災病院の医療スタッフのためにロコトレの講習会を実施しました。講師は、伊奈病院整形外科部長(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表理事)の石橋英明先生にお願いしました。
 首都圏の労災病院の理学療法士、作業療法士及び看護師40名が出席し、講義とロコトレの実技指導を受けました。この講義のスライドとロコトレのパンフレットは以下のとおりです。


パンフレットはコチラ(PDF 3.1MB)

 

スライドはコチラ(PDF 3.1MB)


PAGE TOP