治療就労両立支援事業

   当機構では、すべての疾患を対象として、治療と仕事の両立支援に取り組んでいます。
 
 治療と仕事の両立とは、病気を抱えながらも働く意欲があり、全く元のとおりにはいかずとも、職場でこなすべき仕事に耐えうる能力のある労働者が、仕事を理由に治療機会を逃すことなく、また、治療を理由に職業生活の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら、生き生きと就労を続けられることです。

 全国の労災病院や治療就労両立支援センター、産業保健総合支援センターには、両立支援のための相談窓口を設けており、相談を受け付けています。
 
 また、両立支援活動の推進のため、支援対象者と主治医、会社・産業医などの職場関係者をつなぎ、両立支援をサポートする「両立支援コーディネーター」の養成も行っています。

 詳しくは、以下のバナーから専用ページをご覧ください。



 両立支援について相談されたい方はこちら。
治療就労両立支援センター
治療就労両立支援部 一覧

産業保健総合支援センター関連
相談窓口 一覧
両立支援コーディネーターについてはこちら。
令和2年度 
両立支援コーディネーター
基礎研修開催日程

両立支援コーディネーターの養成 両立支援マニュアル
労働者健康安全機構のこれまでの取組についてはこちら。

これまでの取組
治療と仕事の両立支援助成金についてはこちら。
産業保健関係助成金

PAGE TOP


法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)