高尾みころも霊堂

  高尾みころも霊堂は、労災保険法施行20周年記念事業として、産業災害により殉職された方々の尊い御霊をお慰めするため、昭和47年5月、東京都八王子市に建立されたものです。
 開堂以来、毎年秋に遺族をはじめ厚生労働大臣(代理:厚生労働審議官)、日本労働組合総連合会、日本経済団体連合会、日本商工会議所、中央労働災害防止協会、建設業労働災害防止協会、陸上貨物運送事業労働災害防止協会、港湾貨物運送事業労働災害防止協会、林業・木材製造業労働災害防止協会、八王子市、公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会の代表他多数の方々をお招きし、労働災害により不幸にして亡くなられた方々の御霊を奉安し、労働災害の根絶に向けて努力することを御霊の前で誓う式典です。
 現在、この御霊には、昭和22年以来令和元年度末までの間に労働災害で殉職された266,245名の方々の御霊簿が奉安されております。
 また、平成31年4月23日には、天皇皇后両陛下が、労働災害により亡くなられた方々を慰霊するために、高尾みころも霊堂の拝殿において白菊の花を供えられました。
両陛下は、戦後の経済成長を支える過程で亡くなられた方々に対し、戦没者と同様に心を寄せられており、ご退位を前に慰霊を希望されたとのことです。

PAGE TOP


法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)