勤労者医療フォーラム「就労と糖尿病治療の両立」

   平成25年「国民健康・栄養調査」によると、わが国における20歳以上の約5人に1人は糖尿病が疑われながら、その約1/3は治療を受けていない、あるいは以前治療を受けていたが中断しているとされ、特に就労年齢層の糖尿病治療を継続するためには、患者、医療機関のみならず、就労先の糖尿病に対する理解と協力も必要となります。
   そして、当機構における労災疾病等医学研究の一環として、平成21年度から5年間にわたり取り組んできた「糖尿病における就労と治療の就労の両立・職場復帰支援の研究」※では、就労中の糖尿病患者の約5割は糖尿病であることで仕事上困っていることがある、企業の約5割は社内の糖尿病従業員を把握していない、主治医の約7割は企業から糖尿病患者の就労について問合せを受けたことが無い等、就労と治療の両立を図る上での患者、主治医、企業の連携が不十分であることを示唆する調査結果が得られました。
   このような研究成果に基づいて、平成26年度より、労災病院の糖尿病患者を対象とした治療と就労の両立支援の実践により事例を収集し、収集事例に基づいた医療機関向け支援マニュアルの作成・普及を行う「治療就労両立支援モデル事業」を開始いたしました。
   そして、当機構をはじめとする医療側、産業保健スタッフや人事労務担当者等事業場側の取組状況、国の行政施策等を踏まえて、今後の両立支援のあり方の検討を行うことを目的に、「勤労者医療フォーラム」を開催し、糖尿病治療に携わる医療関係者、産業医等の産業保健スタッフ、職場関係者、糖尿病患者御本人又はその御家族など多くの方々に御参加いただいております。

○開催実績
第1回
(平成23年12月10日開催)

プログラム PDFファイル(953KB)
   
第2回
テーマ『Patient Centered ケアシステムを目指して』(平成26年1月19日開催)

プログラム PDFファイル(1.8MB)
   
第3回
テーマ『働く世代の両立実現と質の向上を目指して』(平成28年2月11日開催)
  ※フォーラム御参加により、以下の単位等を取得いただけます。
   ・日本医師会認定産業医研修会 生涯・専門3単位
   ・日本医師会生涯教育講座 4単位
   (11 予防医療、13 地域医療、76 糖尿病、82 生活習慣病)
   ・日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修会 1単位
   ・日本糖尿病協会療養指導医取得のための講習会

プログラム PDFファイル(3.5MB)
   

※労災疾病等医学研究「糖尿病における就労と治療の両立・職場復帰支援の研究」の成果はこちらからご覧いただけます。



ファイルはPDF形式になっています。閲覧ソフトをお持ちでない方はこちらからダウンロードして下さい。(無料)


このページの先頭へ▲

独立行政法人 労働者健康福祉機構

法人番号7020005008492
<本部所在地> 〒211-0021 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1番1号
                 独立行政法人労働者健康安全機構 事務管理棟
TEL 044-431-8600 (総務部)