安全性試験について

試験受託のご案内~確かな技術と充実した試験設備で信頼性の高いデータを提供します~

日本バイオアッセイ研究センターは、ラット、マウス等を用いて、吸入試験はもとより経口投与などによる短期及び長期の試験、また微生物や培養細胞を用いた変異原性試験等を受託しています。 変異原性試験においても、動物の吸入技術を生かして、ガス状あるいは揮発性物質の試験を可能としています。
信頼性の高いデータを提供するために、GLP(Good Laboratory Practice:優良試験所規範)に適合した施設において、充分に訓練を受けた技術スタッフが標準操作手順書に従って試験を実施しています。

 ​

ラット、マウスを用いる毒性試験に関する豆知識

化学物質をラットやマウスに吸入曝露や経口投与法により短期あるいは長期にわたり投与して、動物の一般状態、血液、尿及び臓器への影響を検査することにより、一般的毒性、がん原性、生殖発生毒性等を調べています。

  ​

変異原性試験に関する豆知識

微生物を用いる試験、培養細胞を用いる試験、ほ乳動物を用いる小核試験を柱に、多岐にわたる変異原性試験を実施しています。特に当センター独自の技術開発によるガス状物質・揮発性化合物の試験技法は、微生物及び培養細胞を用いる試験で、これまでに国内外で数多くの実績をあげ、高い評価を受けています。

このページの先頭へ▲

日本バイオアッセイ研究センター

法人番号7020005008492
<所在地> 〒257-0015 神奈川県秦野市平沢2445
TEL 0463-82-3911(代表)、 FAX 0463-82-3860